移動不可+ノックバックを活用しない手はない。対策も紹介します!

アリーナ関連

ブログを書くことを仕事と思うようにしてから気合が入ってるオりんごチャンネルです!

支援企画をやって実際にお金をもらってるわけで、もうお金もらってる以上はプロだと思って全力で書いてます。

さて、本日は移動不可+ノックバックの活用と対策を書いていきます。

今回のブログ要点

  • 移動不可+ノックバックの優位性
  • 移動不可+ノックバックの活用方法
  • 移動不可+ノックバックの対策方法

3つのことを解説していて、移動不可+ノックバックのことを知らないとアリーナでは大損するので最後まで読んでみてくださいね。

この記事はピーさんのご提供でお届けしています。

ピーさん個人スポンサーのご支援ありがとうございます。超嬉しいです(*^^*)

ブログスポンサー枠については「ブログ個人スポンサー募集についての想い。」の記事をご覧ください。ぜひオりんごブログのスポンサーになりませんか?ガンダムウォーズライフの楽しみが増えますよ。

移動不可+ノックバックの優位になる

リグ・コンティオ考察

移動不可+ノックバックで相手の動きを止めれる

動画を見てもらうとわかりやすいですが、Re百式初手で移動不可→リグ・コンティオでノックバックして敵前衛のReハイニューとフルセイバーが動けてないことがわかりますね。

ノックバック→前衛に戻ろうとする→移動不可で動けない→ハマるという流れ。

移動不可の蜘蛛の巣にハマると必殺技以外使えません。これを移動不可ハメといって、開始早々にペースを握れて優位になります。

移動不可+ノックバックの活用方法

移動不可+ノックバックの活用方法の画像

移動不可ハメの後は必殺技を使わせないようにする

動画を見るとわかりますが、Reハイニューとフルセイバーが移動不可ハメにより棒立ちになってます。

この状態だとスキルは使えませんが、必殺技は発動します。なので移動不可ハメ→必殺技を防ぐと完全に行動させないようにできます。

移動不可ハメをするには?

  • Re百式+リグ・コンティオ
  • Re百式+ザクト
  • Reサザビー+リグ・コンティオ
  • Reサザビー+ザクト

あたりのセットで移動不可ハメが簡単に狙えます。» 関連:リグコンティオ徹底解説!押して押して押しまくれ!

リグ・コンティオの徹底解説した記事を書いてるので合わせて読むと参考になるはずです。

移動不可ハメの後、必殺技を使わせないようにするには、4つのスキルがいい感じ。

  • ENダメージ
  • EN不可
  • スタン
  • スリープ

移動不可ハメでスキルを封じて、これらの妨害スキルで必殺技を封じて、完全に抑え込むことができます。

  • スタークジェガン
  • 結晶ユニコーンガンダム
  • ターンA月光蝶
  • ReガンダムACE
  • ナラティブC装備

などなどがおすすめ機体です。他にも妨害機体はたくさんいるので実際の手持ち機体で色々試してみてください。

移動不可+ノックバックの対策方法

移動不可+ノックバックの対策方法の画像
  • 移動不可は状態異常
  • 当たらなければどうということはない!

移動不可+ノックバック対策としてはこの2つ。

移動不可は状態異常

移動不可は状態異常になるので、状態異常無効or状態異常回復で防げます。

移動不可にならないためには状態異常無効、移動不可になってしまうなら状態異常回復で対策するといいです。このあたりは「状態異常をまるっと簡単解説&強い妨害スキル判断方法」をご覧ください。

  • EXガンダム
  • ビグラング
  • Zプラス

あたりが対策になるかもです。特にEXガンダムは超優秀。

Re百式の初手怯み+移動不可を食らっても、その瞬間に状態異常回復が発動して移動不可を解除できます。しかも味方全体…。

移動不可さえ解除できればノックバックされても戻って動けるので特に驚異ではなくなります。

なので初手移動不可ハメ対策の最有力はEXガンダムです。

当たらなければどうということはない!

移動不可攻撃を回避すれば無問題。

Re百式の初手移動不可スキルを回避してしまえば移動不可にならないので、無視できますね。

ReウイングゼロEWなんかはRe百式対策として使えるのでおすすめです。ポイントは先頭にウイングゼロEWが来る編成にすること。先頭だとスキル発動のタイミングが早くなり百式の初手対策できます。

そもそも移動不可にならないように回避できれば何の問題もないです。

以上が移動不可+ノックバックの活用法と対策法です。

移動不可になるのも確率なので、勝てないor負ける場合も回数によって勝率変わると思うので、参考になれば嬉しいです(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました